パソコン教室での出来事や日々の出来事を( ..)φメモメモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帯状疱疹から顔面麻痺(ハント症候群)
帯状疱疹と診断されると、
1週間点滴を受けるのが通常らしい。
3回/1日で7日間。
1本が約1時間かかる。
これで痛みが取れれば退院の運びとなるのだが。

耳性帯状疱疹だった私の場合、
入院当日より合併症のラムゼイハント症候群を発症し、
左顔面麻痺になった。

これはショックです。
何がショックって、帯状疱疹から発症するハント症候群は
重症化するケースが多く完治率は60%だから・・・。
後遺症も残りやすい疾患だそう。

一般的なベル症候群であれば90%の完治率らしいのだが、
よりにもよって、ハント症候群、パソコンインストラクターの職場復帰も
難しいかも・・・。
これはネットで調べた結果。

だって、耳鼻科の先生は涼しい顔して
「ラムゼイハント症候群、ネットで調べれば載ってるよ。
5~7ヶ月はかかるからぁ・・・」と涼しい顔。

絶句しましたよ。なんじゃぁ、この先生はぁ!!
と思いましたよ。

あまり動じない私ですがね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © パソコンインストラクターのつぶやき. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。