パソコン教室での出来事や日々の出来事を( ..)φメモメモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭痛の原因は耳性帯状疱疹
昔と違って帯状疱疹も早く治療すれば
痛みも後遺症も少ないといわれますが、
帯状疱疹と分かるまではかなり時間が
かかることが多いよう。

発疹が痛みのあとに出てくるのが原因。

帯状疱疹が耳や顔にできた時は危険であることは
覚えておいた方がよい。
合併症を起こすからだ。
失明する場合もあるらしい。

危険であるということを知った上で
痛みが発生した場合は
ただちに発疹が出ていないかを確認し、
帯状疱疹を疑うことが何より。

私の場合はこちら。
耳性帯状疱疹といわれた時には
腑に落ちた…
まさしく神経の痛みである。


<経過>

9月9日(火)夜   左耳の奥から頭にかけての頭痛で夜眠れず…


9月10日(水)AM  生徒様方の作品展を観るために頭痛薬を飲んで外出
        PM  病院に自分で行くこともできず頭痛薬を飲んで寝る
        夕方 救急で脳神経外科に行きCT検査
            緊張型頭痛ではないかとの診断
            ロキソニンを処方される

9月11日(木)    教室勤務

9月12日(金)    教室勤務   ロキソニンを飲まないといられない…
            途中抜け出し、別の脳神経外科でCT検査
            「特に異常はないけどMRI検査しましょうか~」
            「うむ」
           
      夕方   接骨院にて
            「緊張型頭痛なら通ってくれれば治るよ」
            と言われ、肩・腕・首の凝りをほぐしてもらう。
            なおも頭痛は続く…。

9月13日(土)    3連休突入
            頭痛薬が切れると尋常ではない痛さ…

9月14日(日)    左耳が赤くなっている。
            「よりによって左耳を蚊にさされた~」
            と思っていたがこれが原因だった

9月15日(月)    左耳の奥が痛い
            頭痛薬を飲んで寝る。頭痛薬を飲んで寝る。

9月16日(火)    朝一で耳鼻科に行って左耳受診
            「もしかして…ヘルペス(帯状疱疹)かもしれないよ~
             皮膚科だよ。!」と先生に言われ
                    ↓ 
                 教室勤務
                    ↓
            皮膚科受診
            「耳の帯状疱疹ですねぇ…危険なんですよ~
             即入院ですね。1週間くらいかかるかしらぁ~」と女医
            「1週間くらいで治りますか~?」
            「いや、1週間の入院よ!!」
            「えぇぇぇーーーー?」

9月17日(水)    朝起きると、顔面麻痺がぁ…
            女医さんの言った通りだ。
            危険という意味が解った・・・。
            そして、入院

既に帯状疱疹が発症してから1週間が過ぎていた。
耳に帯状疱疹なんてものが出来るのかぁ…。
まだまだこれからが長いのです。

帯状疱疹と分かるまで時間がかかることが多いようです。

耳や顔にも帯状疱疹ができること。
危険であるということを知った上で
痛みが発生した場合は帯状疱疹を疑うことが何より。




 
     
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © パソコンインストラクターのつぶやき. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。