パソコン教室での出来事や日々の出来事を( ..)φメモメモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無配慮な教育者達
今日も予定通り停電が行われた。

お昼からの停電で、急いで教室から帰路につく。

途中、大きな幹線道路を横断するのが怖かったのだが、

幸い、そこの信号は稼働していた。

とはいえ、横断途中に左をふと見るとトラックが事故を起こしていた

家に帰ってきて、暫くすると、次男の友達らが遊びにやってきた。

えっ

我家に来るに当っては、横断が怖いと思っていた片側2車線のその幹線道路を

渡ってきたはずだ

「君たち、お母さんはここにいる事知ってるの?」と聞くと「知ってる~」

とか言っているけど、あんたらの親は働いてるでしょ

学校では、停電中は外出を控えるように教えもしないのか?

次男に聞いてみると、校長が「放射能は心配ないので、

休み時間は元気に外で遊んでください」と言ったそうだ

何とも、配慮のない言葉…

学校の休み時間に限った話なのかもしれないが、

子供達はそんな風には理解していない。

この時期に外で遊べはないだろう…。

地震や被災者についての話も特にしていないようだ

こういう時こそ、人を思いやる気持ちを育てるのが

あなた達の大切なお仕事なんじゃないの?

停電は電気消えちゃうんだよ。信号も消えているわけだよね~。

えっ わかってんの?

おまわりさんだって、全部の交差点に立ってるわけじゃないんだよ。

教育者としてなっとらん

もっと配慮がほしいと思うのは自分だけだろうか…??




スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © パソコンインストラクターのつぶやき. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。