パソコン教室での出来事や日々の出来事を( ..)φメモメモ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障害ある男の子の受入れ
子供にパソコンを習わせたいと親子がやってきた。
子供は小5の男の子。11歳。
障害を持っているが、文字入力が出来ると言う。
NHKのパソコン番組なので学習しているという。

確かに、顔の表情が一般男子とは違う。
でも、受け答えもしっかり出来る。
母は、
「パソコンを出来るようにさせてあげたい。」
「自立させるために一人で通わせたい。」
「他人との関わりを学んでほしい…」と。

母の気持ちはわかるけれど、果たして
小5の男の子が大人向けのテキストを使って
受講可能であろうか?
一般の小5にとっても、
テキストに出てくる漢字は難しい。

付ききり状態にならないか?
テキストにルビを振ってあげようか?
でも、子供は覚えが早いので、最悪テキストがなくても
意外とその場で覚えてしまうかも知れない?

初めての経験で不安ではあったが、
試しに受講してもらうことにした。
事あるごとに「ハイ」と声を出して答える。
理解してくれているようだ。

最後の方はちょっとお疲れ気味だったけど、
1時間集中してやり遂げた。
マウス操作も上手。
キーボード入力も丁寧にやっている。
マウスがちょっとでも曲がると嫌なのか?
真直ぐに置き直す。

彼がパソコンを習得することで、
自信につながれば、お母様もちょっぴり安心だもんね。
帰ってお母さんにどんな報告したかな?
先生、明日も待ってますね♪






スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © パソコンインストラクターのつぶやき. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。